心臓・脳ドック

心臓の血管(冠動脈)と脳の血管は、高血圧症、脂質異常症、糖尿病等により、動脈硬化症が発症、進展します。したがって、心臓・脳ドックは、一回の検査にて、冠動脈、脳血管をまとめて評価する検査になり、お得な検査と言えます。

対象となる方

  1. ご本人もしくは血縁者が高血圧、心房細動、心室細動、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病の方
  2. 動悸、脈がとぶ、息切れ、胸痛(胸部圧迫感)などの症状がある方
  3. めまい、耳鳴り、頭痛、手足のしびれ感などが持続している方
  4. 最近、言葉が出にくくなる、手足の力がはいりにくくなるなどの症状がある方
  5. 喫煙歴が長い方(特に20年以上)

検査内容

  • 脳MRI、MRA検査(非造影検査)
  • 心臓MRI検査(非造影検査)
  • 冠動脈石灰化スコアー:造影剤アレルギーの有る患者様に有用で、冠動脈疾患のスクリーニング検査として有用です。
  • 造影剤を使用する検査:冠動脈CT検査(320列により、放射線被爆量は、2mSvと低被爆量となります。腎機能が低下している場合、気管支喘息、造影剤アレルギーのある方は施行できません。)
  • 血液・尿検査、心電図、胸部X線検査、特殊血液検査(トロポニンT、NT-proBNP)、凝固検査(D-dimer)
  • 心エコー図検査、頸動脈エコー検査
  • 血管年齢検査(ABI、PWV検査)
  • オプション:24時間ホルター検査

検査結果

当クリニックの循環器専門医大学教授あるいは元大学講師により診断させていただきます。

パンフレット

PDFデータのダウンロードはこちらから