呼吸器・アレルギー科のご紹介

呼吸器・アレルギー科のイメージ

当科では、上気道・下気道(鼻粘膜から気管支粘膜まで)を同一器官と捉えるOne airway、one diseaseとの概念のもとに、この部位でのアレルギー疾患のトータルマネジメントを目指します。

アレルギー性上気疾患であるアレルギー性鼻炎・好酸球性鼻炎などや、アレルギー性下気道・呼吸器疾患である気管支喘息を主に診させて頂きます。

そして地域医療という使命の中で、これらアレルギー疾患を、慢性・季節性を問わず、各種アレルギーガイドラインを踏まえ、それぞれの患者様に寄り添った薬物治療や、生活指導をテーラーメードで提供させて頂きます。

人生100年時代。 あなたの一生に寄り添うパートナーとなれる呼吸器内科を、私たちはめざしていきます。

呼吸器・アレルギー科にご相談いただく症状例と判明する病気の一例

咳、痰、発熱、くしゃみ、鼻水、 鼻づまり、喉の痛み、胸の痛み、 息切れ、呼吸が苦しい、 胸部の異常な陰影など インフルエンザ気管支炎肺炎など

担当医師

江原 久夫
江原 久夫
院長
内科医
呼吸器専門医
アレルギー専門医

当クリニックの呼吸器・アレルギー科で判明する病気例概要

1.インフルエンザ

気管支炎の説明を御参照下さい【気管支炎を見る】。

2.気管支炎

急性気管支炎とは、気管支に急性の炎症が生じ、咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気です。
原因としては、ウィルスや細菌などの感染症が多く、その他に大気汚染物質の吸引などがあります。
気管支は声帯から下の気道である下気道の一部です。末梢に向かうと、気管支は徐々に枝分かれを繰り返しながら肺胞に至ります。肺胞では酸素と二酸化炭素のガス交換が行われます。
ウイルスが原因の場合は、基本的に対症療法が主体になります。
インフルエンザの場合は、抗インフルエンザ薬が使用されることもあります。細菌の場合は、病歴や検査所見を参考にして抗生物質が選択されます。

3.肺炎

肺炎とは、肺実質に起こる急性感染症で、侵入門戸は主に気道で、吸入か誤嚥によって生じます。
症状としては、典型的には、咳嗽、喀痰、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状に加え、発熱、倦怠感、食欲低下などの症状も出現します。ただし、高齢者は、症状が出にくいため、注意が必要です。
診断は、胸部X線検査が基本で、浸潤影がみられます。他に、炎症反応の指標である、CRP、白血球数も参考になります。
肺炎の原因菌は、患者の状態によっても異なります。市中肺炎(一般的に外来通院中の患者)、院内肺炎(何らかの疾患があり、入院中の場合)、医療・介護関連肺炎(長期療養型病床、介護施設、介護が必要な患者、特に、高齢者、免疫抑制薬や化学療法中の患者)に分類されます。
治療の原則は、喀痰検査等にて、原因菌を同定して、原因菌に足して、感受性のある抗菌薬を投与することです。
詳細は、お問い合わせください。