診療する病気

1.心房細動

 一定のリズムで活動すべき心房が、無秩序に電気活動をしている状態を指します。心電図にて、正常P波が無くなり、迅速な細動波を認めて、不規則な不整脈です。肺静脈内から起きることが多いです。加齢医とともに、発症頻度が高率となり、脳塞栓を合併する代表的な疾患です。持続時間、停止様式から、発作性、持続性、永続性(慢性)に分類されます。診断は、24時間ホルター心電図検査が有用です。心エコー図を行い、心臓の器質的な疾患の有無を調べることが大切です。治療法としては、①心原性脳塞栓を予防するために、抗凝固療法、②心拍数を調節するレートコントロール療法、③洞調律を維持するための、リズムコントロール等があります。最近では、カテーテルアブレーションを行う施設が増加していますので、御相談ください。

2.心室細動

 心室が、無秩序、頻回に興奮する病態で、心臓から、有効な血液が侵害に駆出出来なくなる状態です。血圧が低下して、持続した場合は致死的で、蘇生が出来ても、脳死状態になる場合もあります。心臓に、器質的な疾患がある例が多く、代表的な疾患としては、急性心筋梗塞、拡張型心筋症、急性心筋炎、複雑先天性心疾患、冠攣縮性狭心症患者などに、しばしば認められます。心室細動を確認出来たら、まずは、心臓マッサージを行います。次に、除細動(AEDあるいは、体外式除細動器)を行う順番になります。前記の、心疾患において、心機能が低下している例は、植え込み型除細動器を検討すべきです。御相談ください。

3.不整脈

 不整脈とは、心臓の脈拍が正常とは異なるタイミングで起きる状態で、脈が速くなる(頻脈)、脈が遅くなる(徐脈)、予定されていないタイミングで脈が生じる(期外収縮)などがあります。最も、頻度が多いのは、期外収縮で、上室性と心室性に分類されます。自覚症状が無い場合が多く、健康診断などで、偶然発見される場合もあります。頻脈性不整脈の代表は、心室細動や心室頻拍です。一方、徐脈性不整脈では、完全房室ブロック、洞不全症候群などがあり、いずれの場合も、生命に危険性がある場合が多いため、ぜひとも、専門医に御相談ください。

4.狭心症

 狭心症とは、一過性かつ可逆性の心筋虚血(心臓に血液が十分に行き渡らない状態)により、胸部症状(典型的には胸痛)を呈する症候群と定義されています。診断は、胸痛発作時に、心電図にて、虚血性変化の確認が原則です。分類方法は、様々ですが、一般的には、安定狭心症と不安定狭心症に分類されます。前者は、動脈硬化症を背景に器質的冠動脈狭窄に基づく、心筋における酸素供給の減少によっておこります。労作時(坂道を登ったり、階段の昇降時)に胸痛や胸部圧迫感を自覚して、診断されます。後者は、冠動脈病変にプラークの破裂、血栓形成などに起因して発症するケースで、急性心筋梗塞に移行する例が多く、専門医に御相談ください。症状としては、胸痛の頻度が多くなり、安静時(静かにしている状態、運動時では無い時)にも出現することが、危険なサインです。

5.心筋梗塞

 不安定プラーク(脂質成分が多く、これを覆う、被膜が薄い状態で、容易に破裂、亀裂が生じてしまいます)の破裂(亀裂、破綻)に続いて、冠動脈内に血栓が形成され、急激に冠動脈の血流が低下してしまう病態を急性冠症候群と定義されています。この中で、最も、重篤な病態で、高度な心筋障害を伴い場合で、特に、心筋が壊死(死んでしまう)に陥ってしまう疾患です。急性心筋梗塞と、慢性期になった、陳旧性心筋梗塞に分類されます。診断は、狭心症とは異なり、心電図が経時的に変化する(典型的には、ST上昇、その後異常Q波の形成、陰性T波)のが特徴です。また、心筋逸脱酵素(CPK、CK-MB)の上昇、心筋トロポニンTの上昇をもって、診断します。重要な点は、診断基準には、胸痛は含まれません。これは、高齢者や糖尿病患者には、しばしば胸痛を自覚しないケースが多いからです。急性心筋梗塞の初期治療は、再灌流療法が原則です。すなわち、冠動脈形成術(インターベンション)です。その後は、抗血小板薬の投与、合併症(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)の治療を行います。陳旧性心筋梗塞の治療は、急性心筋梗塞の安定期の上記治療と同じです。他に、薬物療法として、β遮断薬、ACE阻害薬の併用療法が推奨されています。

6.冠動脈狭窄

 前述の狭心症を御参照下さい。

7.心不全

 心不全とは、何らかの心臓機能障害、すなわち心臓に器質的および/あるいは、機能的異常が生じて心ポンプ機能の代償機転が破綻した結果、呼吸困難や倦怠感が出現し、それに伴い運動耐容能が低下する臨床症候群と定義されています。急性心不全と慢性心不全に分類される。急性心不全慢性心不全ともに、原因疾患は、高血圧性心疾患、弁膜症、虚血性心疾患(主として、心筋梗塞)、心筋症などがある。心不全には、左室駆出率が低下した(収縮機能不全)と、駆出率が50%以上の、拡張不全に大別されます。いずれも、症状としては、息切れ、夜間呼吸困難、下腿の浮腫、易疲労感などがあり、血液検査で、BNP、NT-proBNPが高値となる。心エコー図検査は必須で、原疾患の同定、収縮機能障害と拡張機能障害の鑑別に有効である。治療に関しては、お問い合わせください。

8.脳梗塞

 脳梗塞とは、頸部、脳動脈の閉塞ないし狭窄により、脳組織が虚血(血液が不足する病態)となり、様々な機能障害を起こす疾患である。動脈硬化症を基本とするアテローム血栓性脳梗塞、脳の細小動脈の閉塞によるラクナ梗塞、心臓内に形成された血栓が原因で、血管閉塞を来す心原性脳梗塞とに分類されます。症状は、梗塞部位によって、異なり、片麻痺、言語障害、視野障害などがあります。診断は、頭部CT、MRI検査にて行われます。発症4.5時間以内であれば、急性再開通療法(静脈血栓溶解療法、機械的血栓回収療法)の適応となります。半数以上の患者に何らかの障害を残す場合があり、慢性期のリハビリテーションが必要となるケースがある。再発予防には、危険因子(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)の管理が重要で、非心原性脳梗塞の症例では、抗血小板薬療法が行われる。一方、心原性脳梗塞例では、抗凝固療法が大切である。

9.頸動脈狭窄

 頸動脈狭窄とは、頸部の頸動脈が動脈硬化を起こして、狭窄した状態を指します。脳に向かう血液の流れ道が狭いため、脳血流の悪化、または、狭い箇所で流れの悪くなった血液が小さな血栓を作り、頭蓋内の血管を詰まらせてしまい、脳梗塞を生じる危険性が高まります。診断としては、頸動脈エコー検査は侵襲が少なく有用です。造影剤を用いる、血管造影もあります。治療としては、内科的治療(高血圧、脂質異常症、糖尿病などの危険因子の治療、抗血小板薬、抗凝固療法など)、頸動脈内膜剥離術、頸動脈ステント留置術などがあります。詳細は、お問い合わせください。

10.糖尿病

 高血糖で代表される特徴的な代謝異常。その原因としては、基本的には、インスリンの作用の不足。代謝異常が続くと、特有の合併症が起こる疾患です(糖尿病性腎症、網膜症、神経症)。糖尿病に特徴的な症状(口渇、多飲、多尿、体重減少等)の存在、家族内の糖尿病が存在するなどを、聴取して診断します。1型糖尿病は、インスリンの合成・分泌をする膵臓ランゲルハンス島β細胞の破壊・消失によるインスリンの作用不足に起因します。一方、2型糖尿病は、インスリンの分泌低下やインスリン抵抗性をきたす素因を含む複数の遺伝因子に、過食(特に高脂肪食)、運動不足、肥満、ストレスなどの環境因子および加齢が加わって発症します。2型糖尿病は、以前は、インスリン非依存性糖尿病と分類されました。理由は、膵臓からのインスリン分泌は保たれているからです。むしろ、過剰分泌すなわち、インスリン抵抗性を来している例も多く見られます。一方、1型糖尿病は、インスリン依存性状態といえます。つまり、膵臓からのインスリン分泌は、絶対的に欠乏状態です。糖尿病の治療は、まずは、十分な食事療法と運動療法です。2型糖尿病では、2~3カ月行っても、良好な血糖コントロールが得られなければ、糖尿病治療薬(経口薬)の適応となります。一方、1型糖尿病の治療は、インスリン注射となります。詳細は、お問い合わせください。

11.気管支炎・肺炎

 急性気管支炎とは、気管支に急性の炎症が生じ、咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気です。原因としては、ウィルスや細菌などの感染症が多く、その他に大気汚染物質の吸引などがあります。気管支は声帯から下の気道である下気道の一部です。末梢に向かうと、気管支は徐々に枝分かれを繰り返しながら肺胞に至ります。肺胞では酸素と二酸化炭素のガス交換が行われます。ウイルスが原因の場合は、基本的に対症療法が主体になります。インフルエンザの場合は、抗インフルエンザ薬が使用されることもあります。細菌の場合は、病歴や検査所見を参考にして抗生物質が選択されます。

肺炎
肺炎とは、肺実質に起こる急性感染症で、侵入門戸は主に気道で、吸入か誤嚥によって生じる。症状としては、典型的には、咳嗽、喀痰、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状に加え、発熱、倦怠感、食欲低下などの症状も出現する。ただし、高齢者は、症状が出にくいため、注意が必要である。診断は、胸部X線検査が基本で、浸潤影がみられる。他に、炎症反応の指標である、CRP、白血球数も参考になる。肺炎の原因菌は、患者の状態によっても異なる。市中肺炎(一般的に外来通院中の患者)、院内肺炎(何らかの疾患があり、入院中の場合)、医療・介護関連肺炎(長期療養型病床、介護施設、介護が必要な患者、特に、高齢者、免疫抑制薬や化学療法中の患者)に分類されます。治療の原則は、喀痰検査等にて、原因菌を同定して、原因菌に足して、感受性のある抗菌薬を投与することです。詳細は、お問い合わせください。

12.腎疾患

 腎疾患とは、腎臓の病気であり、総称になります。疾患は、多岐にわたり、急性腎炎症候群、慢性腎炎症候群、急速進行性腎炎症候群、ネフローゼ症候群などが代表的な腎疾患である。最近注目されている腎疾患と概念としては、慢性腎臓病と糖尿病性腎臓病です。

 慢性腎臓病とは、蛋白尿、血尿など尿異常があり、画像上、血液検査異常、病理検査にて異常所見を認める(腎生検など)と、糸球体濾過量が、60 mL/分/1.73m2未満と定義されています。また、糸球体濾過量により、ステージ分類が作成されています。基礎疾患としては、糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化症などが代表的です。

 まず、糖尿病性腎症に関して、概説します。典型的には早期に糸球体過剰濾過を示し、微量アルブミン尿を呈した後、顕性蛋白尿となり、腎機能低下、末期腎不全に至る疾患概念です。近年は上記のような典型的な経過をたどらない、糖尿病に起因する腎障害が増加しています。代表例は、蛋白尿を呈さず腎機能障害のみを呈する例もあり、糸球体過剰濾過を呈さない例が多いことも近年の糖尿病の特徴です。そこで、新たに、提唱された概念が、糖尿病性腎臓病です。かかる症例は、腎障害の病態に、糖尿病が部分的にでも関与していると考えていただくと良いかもしれません。糖尿病以外に、肥満、脂質異常、高血圧、動脈硬化といった糖尿病と併発しやすい病態の影響、加齢の影響を含む概念です。つまり、糖尿病性腎症を内含した概念になります。

 診断として、微量アルビン尿の測定が重要です。腎機能の評価、糖尿病の評価、糖尿性網膜症の評価も重要です。治療に関しては、お問い合わせいただくか、腎臓専門医に御相談ください。

13.末梢性動脈(血管)疾患、(閉塞性動脈硬化症)

 末梢性動脈疾患とは、冠動脈以外の末梢動脈である四肢の動脈、頸動脈、腎動脈などの狭窄または閉塞により血流低下を来す疾患である。末梢性動脈疾患の大半は、閉塞性動脈硬化症であり、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙と深く関連しています。また、注意すべき点は、しばしば、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管障害(脳梗塞など)と合併していることです。診断としては、間欠性跛行ですが、脊柱管狭窄症患者も同様な症状を呈する場合が多いため、足関節上腕血圧比(ABI)検査が有用で、0.9以下は、診断に重要な所見で、前記の脊椎管狭窄症との鑑別に有用です。

 血行再建術を考慮する場合は、血管造影、造影CT検査が必要になります。治療は、まず、運動療法や薬物療法を行いますが、日常生活に支障が出る(安静時に、痛みがある等)場合は、前記の血行再建術の適応となります。血管内治療は、原則的には、腸骨動脈領域と、大腿動脈の一部となります。詳細は、お問い合わせくださるか、血管内治療専門医に御確認下さい。

14.感染症

 感染症とは、寄生虫・細菌・真菌・ウイルス等の病原体の感染により、宿主(人体、患者)に生じる望まれざる反応(疾患)の総称です。感染症の治療に使われる薬には、抗生物質、抗ウィルス薬、抗真菌薬、抗原虫薬などがあります。最近注目されている感染症としては、鳥インフルエンザ、麻疹(はしか)、ウィルス性出血熱(エボラ出血熱、ラッサ熱)、デング熱などがあります。渡航の際には、確認が必要です。

15.潰瘍

 潰瘍とは、皮膚、粘膜、眼球(角膜や結膜)などを覆う上皮組織、すなわち被覆上皮が欠損しその下層の組織に至った状態です。潰瘍より軽度の被覆上皮損傷で、肉眼的には上皮が欠損しているが、顕微鏡的に上皮粘膜内に留まり、その下層に至らないものは、びらんと称されます。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが代表的な疾患です。症状としては、上腹部痛、背部痛、重症例では、吐下血、穿孔(穴が開いてしまう)例も、みられます。ピロリ菌と薬物(特にアスピリン)と胃潰瘍、十二指腸潰瘍との関連は有名です。ピロリ菌の除菌は、潰瘍病変の再発と深く関連しており、除菌後は、治癒、無治療でも再発しない症例も多く報告されています。詳細は、お問い合わせください。

16.帯状疱疹

 帯状疱疹とは、水痘・帯状疱疹ウィルスが、患者の免疫能が低下していたり、ストレス、疲労時に再活性化したウィルスによって発症します。好発部位は、三叉神経痛、肋間神経に沿った領域で、これらの神経節に潜伏感染しているのです。小水疱、丘疹、紅斑が生じ、集簇化するのも特徴で、ピリピリ感を伴うことが多いです。診断は、皮膚科医に御相談ください。最近は、抗原迅速キットも市販化されており、早期診断、早期治療は重要で、治療が遅れたり、不十分であると、帯状疱疹後の神経痛を生じ、難治性です。基本的には、抗ウィルス薬の内服または、点滴静注法があります。詳しくは、皮膚科専門医に御相談ください。