消化器内科とは;消化器科では無い。

 胃、食道、腸などの消化管の疾患になります。消化管とは、口から肛門までの管腔臓器を指し、約9mです。疾患は様々で、腫瘍や潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)、炎症(胃腸炎など)など、他に、便秘や逆流性食道炎などの消化管運動の機能不全に伴う疾患もあります。症状としては、胃の痛み、胸の痛み、胸やけ、げっぷ、のどのつかえ、胃のもたれ、腹部膨満感、食欲不振、おう吐、腹痛、便秘、下痢、下血など、様々です。原因となる臓器も様々になります。そこで、診察だけではなく、内視鏡検査、腹部超音波検査、CT・MRI検査などの検査が必要な場合がありますので、担当医と御相談ください。