腫瘍内科とは

 腫瘍内科とは、わかりやすく言えば、「がんの総合内科」と言えます。
腫瘍内科医の役割は、がんを診断し、治療することです。具体的には、がんの薬物療法(抗がん剤)の専門医であり、適切に抗がん剤を実施するのです。また、外科医と連携して、手術療法、放射線科医と相談して、放射線治療、緩和医療などの治療コーディネーターの役割もするのです。また、場合によっては、がん患者さんの悩み・相談に対応する場合もあるのです。当院では、非常勤の先生が対応しますので、一度、電話にて、御連絡・御予約ください。