内科のご紹介

どのような科を受診したら良いのかわからない方に受診いただける科です。
内科専門医が患者さまの症状をヒアリング、 一人一人の症状に合わせ、おすすめの検査や、患者さまご自身が希望する検査を行い各科専門医と連係を取り診療させて頂きます。

人生100年時代。 どのようなお悩みでも、まずは当クリニックの内科にご相談ください。

内科にご相談いただく症状例と判明する病気の一例

咳、痰、発熱、くしゃみ、鼻水、 鼻づまり、喉の痛み、胸の痛み、 息切れ、呼吸が苦しい、 胸部の異常な陰影など インフルエンザ気管支炎肺炎睡眠時無呼吸症候群
気管支結核COPDアレルギー性鼻炎 など
口腔粘膜の痛み、味覚障害、白苔など 口腔カンジダ症 など
胸が痛い、苦しい 肋間神経痛胃食道逆流症 など
その他 感染症熱中症 など

担当医師

金谷 翼
金谷 翼
院長・循環器専門医

当クリニックの内科で判明する病気例概要

1.インフルエンザ

気管支炎の説明を御参照下さい【気管支炎を見る】。

2.気管支炎

急性気管支炎とは、気管支に急性の炎症が生じ、咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気です。
原因としては、ウィルスや細菌などの感染症が多く、その他に大気汚染物質の吸引などがあります。
気管支は声帯から下の気道である下気道の一部です。末梢に向かうと、気管支は徐々に枝分かれを繰り返しながら肺胞に至ります。肺胞では酸素と二酸化炭素のガス交換が行われます。
ウイルスが原因の場合は、基本的に対症療法が主体になります。
インフルエンザの場合は、抗インフルエンザ薬が使用されることもあります。細菌の場合は、病歴や検査所見を参考にして抗生物質が選択されます。

3.肺炎

肺炎とは、肺実質に起こる急性感染症で、侵入門戸は主に気道で、吸入か誤嚥によって生じます。
症状としては、典型的には、咳嗽、喀痰、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状に加え、発熱、倦怠感、食欲低下などの症状も出現します。ただし、高齢者は、症状が出にくいため、注意が必要です。
診断は、胸部X線検査が基本で、浸潤影がみられます。他に、炎症反応の指標である、CRP、白血球数も参考になります。
肺炎の原因菌は、患者の状態によっても異なります。市中肺炎(一般的に外来通院中の患者)、院内肺炎(何らかの疾患があり、入院中の場合)、医療・介護関連肺炎(長期療養型病床、介護施設、介護が必要な患者、特に、高齢者、免疫抑制薬や化学療法中の患者)に分類されます。
治療の原則は、喀痰検査等にて、原因菌を同定して、原因菌に足して、感受性のある抗菌薬を投与することです。
詳細は、お問い合わせください。

4.睡眠時無呼吸症候群

この10数年ほどで知られるようになった病気のひとつに睡眠時無呼吸症候群があります。文字通り寝ている間に何度も呼吸が止まる病気で、睡眠中、1時間に平均して5回以上、それぞれ10秒以上呼吸が止まる場合にはこの病気が疑われます。 日本では2003年に山陽新幹線運転士による居眠り運転で注目されるようになりました。この時には幸い自動列車制御装置が作動して停車、犠牲者は出ませんでしたが、以降、何度か睡眠時無呼吸症候群が関与したと思われる大きな事故が起きており、この病気の怖さを教えてくれます。
本人にとってもこの病気は命を縮める可能性があります。睡眠時に呼吸が止まることで心臓や脳、血管に大きな負担がかかるため、健康な人に比べて高血圧、心不全、脳卒中、不整脈、狭心症、心筋梗塞、突然死になるリスクが2倍以上も高いのです。そのため、現在では循環器系の分野で治療、研究が進んでいます。
前兆として多く見られるのがいびきです。日中の眠気、朝方の頭痛や夜間頻尿が出ることもありますが、いびき以外には自覚症状が出にくい病気でもあり、本人には分かりにくい病気のひとつ。周囲にいびきがひどい人がいる場合には呼吸が止まっていないか、注意を払い、医師の診断を受けるように勧めてみてください。
睡眠時無呼吸症候群というと、いびき+肥満の人を想像するかもしれませんが、それだけと思うのは勘違い。日本を含め、東アジアの諸民族は顎が小さく、もともと気道が狭い人が多いと言われており、肥満でなくても横になった時に気道が閉塞、いびきをかきやすいのだとか。肥満でなくてもいびきのひどい人には危険があるのです。
ただ、この間で診断、治療は進化しており、適切な治療を受けられれば状態は大きく改善します。軽症の場合には横向きに寝る、禁酒、睡眠薬の禁止、鼻疾患の治療、減量などといった生活習慣の改善だけでほぼ正常にまで改善することもあります。
それ以外では夜間、口腔内にマウスピースを装着するマウスピース療法、夜間、専用のマスクをして気道に圧力をかける持続陽圧呼吸(CPAP)療法が一般的です。

5.気管支結核

結核といえば肺結核が一般的ですが、結核菌は肺以外の場所に病変を起こすこともあり、気管支結核はそのうちの1つです。代表的な症状として咳や痰、発熱などがありますが、初期症状が軽い上、感染しても発症しないケースも多いため、結核に感染していると気付かぬうちに感染を拡大させてしまう危険があります。
症状から結核と断定できるような、特徴的な症状はありませんが、2週間以上咳が続く場合には結核の疑いがあります。

6.COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDとは、chronic obstructive pulmonary diseaseの略称で慢性閉塞性肺疾患とも呼ばれており、呼吸がしづらくなる病気です。最大の原因は喫煙で、喫煙者の発症率は15~20%にものぼります。
COPDでは、咳や痰、息切れなど、喘息とよく似た症状が日常的に表れますが、労作時呼吸困難の有無により判別が可能です。喘息の場合、発作でない限り労作時呼吸困難は生じないため、階段の昇り降りなど、軽い運動をした際に呼吸がしづらいようであれば、COPDを疑う必要があります。

7.アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、アレルゲン(アレルギーの原因物質)によって引き起こされる鼻炎の総称です。アレルギーは、花粉をはじめとする季節性アレルギー、ハウスダストや犬、猫など、通年性アレルギーの2つに分けられますが、どちらもベースとなる考え方は同じで、以下の2点がポイントとなります。
①アレルギー体質(血液中のIgE抗体が多く、アレルギー症状を引き起こしやすい)
②臓器過敏性(生理的な機能が弱く過敏性が高いとアレルギー症状が現れやすい)
なお、アレルギー症状は部位を問わず現れるため、アレルギー性の膀胱炎などもあります。

8.口腔カンジダ症

口腔カンジダ症とは、カンジダ・アルビカンスと呼ばれる真菌(カビの一種)によって発症する感染症で、いわゆる口腔内にカビが生えた状態です。健康な人が発症するケースは稀で、がんや糖尿病などの基礎疾患、ステロイド薬の服用、加齢により免疫力の落ちている人ほど発症しやすい特徴があります。乳幼児の口腔内にできる鵞口瘡(がこうそう)も口腔カンジダ症の一種です。
口腔カンジダ症は、喘息吸入薬の副作用としても知られていますが、こまめにうがいをして口腔内を清潔に保つことで予防できます。

9.肋間神経痛

肋間神経痛とは、肋骨と肋骨の間=肋間の神経に何らかの原因で痛みが生じる症状のことを指します。痛みは非常に強いことが多く、通常は左右のうちのいずれかの側が痛みます。原因によっては胸に留まらず、背中やわき腹、時には足まで痛むこともあります。
治療は原因を明らかにすることから始まりますが、特に病気や外傷などの原因がないにも関わらず発症するものもあり、これを原発性肋間神経痛といいます。
ストレスによるものが多いと言われますが、不自然な姿勢を長期間取り続けることで発症する例、筋肉の凝りによって痛みが引き起こされる例もあるとされます。強いストレスや凝りを感じている時に痛むことが多いものの、発作的な痛みに留まり、それほど長く続かないケースも多いようです。
一方、何らかの病気や外傷、解剖学的な異常その他が原因となって生じるものを続発性肋間神経痛と呼びます。要因は実に多種多様で、たとえば病気が元で発症するものとしては胸膜炎、肺がん、肺炎、帯状疱疹、脊椎や肋骨の腫瘍などがあります。
外傷としては肋骨の骨折や肋軟骨炎など。解剖学的な異常としては椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、側弯症などが挙げられています。
治療は原因となる病気によって異なり、軽い場合には消炎鎮痛剤の服用、湿布の利用などで改善することも。リハビリや運動療法が行われることもあります。その一方で帯状疱疹が原因の場合には早期から抗ウイルス薬の服用がないと長引くことが分かっています。

10.胃食道逆流症

 甘いモノや刺激物を食べ過ぎた後に胃もたれ、胸やけを感じるのはよくあること。しかし、それが週に二度以上などと頻繁に起こる、しつこい状況なら胃食道逆流症を疑ってみても良いかもしれません。
胃食道逆流症は胃酸が食道側に逆流することで起こります。健康な人の場合は胃酸が食道内に逆流しないように食道と胃のつなぎ目の部分にある下部食道括約筋という筋肉が下部食道をぎゅっと閉じ、胃酸が逆流しないようにしています。
ところが、その胃酸逆流防止機能が働かなくなることがあり、それによって胃酸が逆流。さらに胃酸が食道内の粘膜に炎症を起こさせている状態になることも。こうした炎症のある状態を逆流性食道炎といい、しつこい胸焼けが特徴です。それ以外にも胸の痛み、せき、げっぷなどの症状が出ることもあります。
本来なら逆流しないはずの胃酸が逆流する理由は主に2つあると言われています。ひとつは胃と食道の間にある下部食道括約筋圧が低下していること。もうひとつは腹圧が下部食道括約筋圧以上に強くなっていること。前者は食道裂孔ヘルニアや薬の副作用として生じることなどが分かっており、後者は中高年で肥満している人、妊婦に多くみられるとのこと。つまり、後者であれば肥満を解消できれば症状も改善できるというわけです。
治療は胃酸の分泌を抑制する薬の服用が一般的です。食道粘膜に炎症がある場合には粘膜を保護する薬を使うこともあり、薬による治療がうまくいかない場合には外科手術という手もあります。

11.感染症

 感染症とは細菌、ウイルス、真菌、寄生虫などといった病原菌が体内に侵入し、それによって症状が出る病気を指します。病原体が人間の体内に侵入する経路には大きく分けて垂直感染と水平感染の2種類があります。
垂直感染は親から子へという感染で、妊娠中あるいは出産の際に病原体が新生児に感染するというもの。母子感染という言い方もします。代表的なものとしては風疹やトキソプラズマ、B型肝炎などが挙げられます。
もうひとつの水平感染は人や動物、モノなどの感染源から周囲に広がっていくもので、多くに人にとって気になるのはこちらでしょう。水平感染には大きく分けて接触感染、飛沫感染、空気感染、媒介物感染の4種類があります。
まず、接触感染は言葉通り、感染者と直接接触して感染するもので、具体的には伝染性膿痂疹、梅毒、淋病、破傷風など。接触しなければ感染することはありません。
飛沫感染は咳やくしゃみで飛び散ったしぶき(飛沫)を吸い込むことにより感染するもので、コロナウイルスによる肺炎、インフルエンザや百日咳、マイコプラズマなどが挙げられます。マスクをすることで防げる部分もあります。
空気感染は空気中を漂う微細な粒子を吸い込むことで感染するもので、結核、麻疹、水痘など。
媒介物感染は 汚染された水、食品、血液、昆虫などを介して感染するもので、水を介するコレラ、食品を介する食中毒、血液を介するウイルス性肝炎、蚊を介するマラリアやデング熱などがあります。国、地域によっては衛生状態の改善で大幅に減少している病気もありますが、まだまだという国、地域もあり、国や地域による差が大きいようです。
感染症の原因となる病原菌は人類が誕生する前から地球に存在しており、しかも、人間が薬を開発するよりも早いスピードで細胞分裂を繰り返して、変化を続けています。そのため、ある病気を撲滅したと思っても、次から次に新たな病気が誕生してくるわけですが、ある程度までは感染の方法も予防法も分かってきています。有効なワクチンも多数開発されています。
それに病原体が体内に侵入しても必ず発病するわけではなく、発病するかどうかは病原体の感染力と侵入された人の抵抗力との力関係によって決まります。高齢であったり、基礎疾患があったり、ストレスにさらされているなど抵抗する力が弱い場合には発病しやすいと言われており、感染症に抗する備えのひとつは自分自身の身体を良い状態に保つことと考えられます。他の病気もそうですが、一番の予防は健康意識なのかもしれません。

12.熱中症

 この数年でよく新聞などに登場するようになった病気のひとつに熱中症があります。かつては日射病、医学的には熱疲労、熱痙攣、熱射病などとも呼ばれていましたが、必ずしも炎天下、灼熱の状況下だけで発症するものではないことから、現在では熱中症という言葉でまとめて称されています。
体温が上昇した場合、人間の身体は適度な体温を維持しようと汗をかき、皮膚温度を上昇させるなどして熱を身体の外へ放出します。それによって体温を下げようとするのです。ところが、外気温が高い場合は熱放散が小さくなり、熱を十分に放出できないことがあります。特に高齢者の場合には体温調節機能が十分に働かないことがあり、取り込まれた熱が体内にこもってしまいます。このような熱の上昇をうつ熱といいますが、熱中症の重症例では1~2時間で40度近くまで体温が上がる例もあります。
熱中症になる要因としては大きく3点が指摘されています。1つめは環境要因で、具体的には気温、湿度が高い、日差しに当たっている、風通しが悪いなど。2つめは身体要因で、こちらは子ども、高齢者、脱水状態にあるなど。3つめは行動要因で炎天下での活動、水分や休憩が十分に取れない、日陰などで休まないなど。
身体要因については防げないこともありますが、それ以外の要因については危険があることを知り、そうした状況下に身を置かないことを心がければ予防にはなるはずです。
年代によって注意すべき点が異なりますので、以下、簡単にまとめておきましょう。
まず、子どもについては自分の身体の状態を大人や医師に伝えることは難しいもの。高齢者もそうですが、自分が熱中症かもしれないと思っていないのです。その場合には周囲の大人が注意深く見守り、だるそうにしている、ぐったりしている場合には熱中症を疑い、早めに対処してあげることが必要です。
毎年、ニュースになるのが高齢者の自宅内での熱中症例です。高齢者の場合、そもそも体温調節機能が衰えていたり、寒暖を感じにくくなっていたりすること、また、エアコンの利用を嫌がる人が少なからずいることから、日常生活の中で徐々に進行する非労作時熱中症を起こしやすく、重症化もしやすいのです。特に高齢の女性や一人暮らしの例が多く、身近にそうした方がいる場合には気温が上がり始める6月以降、注意して見守る必要があります。室内に温度計を置くようにする、塩分を含む飲料を定期的に飲むようにするなどといった手も有効です。
若年の男性の場合には休日の日中、スポーツの最中に発症する例が少なくありません。激しいスポーツをする場合には朝夕の、比較的涼しい時間にするようにし、適宜休みを取って体調を確認しながらにしたいところです。
中年、壮年の男性の場合には仕事中に発症する頻度が高く、屋外で作業している人の危険が高いとされています。働かざるを得ない状況は仕方ないとして、高温多湿下での作業の場合には休憩頻度を増やす、こまめに水分と電解質(ナトリウム)を補給するほか、しっかり寝て疲労回復に努める、疲労、脱水の原因となりやすい飲酒はできるだけ控えるなどの配慮も必要でしょう。室内で気温が高い時はクーラーの使用が必須です。